THE 正論,  the seiron, THE SEIRON, THE正論

日本を正す!

MENU

猫カレンダー

正論読者のみなさん、師走の慌ただしい日々をお過ごしのことと思います。しばしの和みに、産経新聞の〝猫担当〟尾崎修二カメラマンが撮影した2020年カレンダーから数点添付しまいた。九州の島々や福井の猫寺、お店の看板猫など、各地の〝猫どころ〟を巡り、出会った猫たちの暮らしぶりを写真におさめました。毎月自然な姿の猫が登場します。

猫カレンダーは令和元年12月から令和2年12月までの13カ月分13点を掲載しています。A3版サイズ(閉じるとA4版)、見開き1カ月、オールカラー28ページ
【価格】1部千円(税・送料込み)。産経iDからお申し込みになると、オリジナルポストカードを1枚プレゼント(絵柄は選べません。無くなり次第終了)詳細は産経iDHP(要会員登録、無料)まで。
https://id.sankei.jp/v/?VID=user.event.entry&OP=detail&ID=887

【撮影者・尾崎修二より】平成元年の入社以来四半世紀、サンケイスポーツのカメラマンとしてシャッターを切り続けてきたスポーツカメラマン。プロ野球はもとより、若貴ブームに沸いた平成初期の大相撲、日本が初出場したフランス大会から2度のサッカーW杯、五輪は夏のシドニー・アテネ・北京、冬のトリノと取材してきました。ライフワークとして撮り続けた猫の写真で作ったカレンダーが人気を博し、今回で5年目となります。昭和の東京五輪後に生まれた平成の写真記者が、満を持して?“令和初”の猫カレンダーをお届け致します!

タグ

閉じる