THE 正論,  the seiron, THE SEIRON, THE正論

日本を正す!

MENU

艦橋から

悪い奴ほどよく眠る

 ♪富士は日本一の山~の歌詞で知られる唱歌「ふじの山」。ところで戦前、日本一の山といえば台湾の玉山(当時の呼び名は新高山=にいたかやま)だった。真珠湾攻撃から75年となる3年前、「正論」編集部として(つまり私が)新高山に実際に登ってみるという取材企画を提案して、当時のK編集長に「つまらん」とボツにされたことが懐かしい。
 台湾を失って戦後、富士山は文字通り日本一の山に復帰した。一年の計は元旦にあり。今年はその日本一高い富士山を拝もうと、山梨県の高川山に登ることにした。
 JR中央線の初狩駅から登っていくと、道中に何カ所も「熊出没注意」の看板とともに「猟銃で撃たれないよう注意。迷彩服などは着用しないよう…」という看板が。そして茂みの中から何やらガサゴソと物音が聞こえる。熊か猪か、はたまた猟師か。「私は人間です!」と叫びたい衝動に駆られる(実際には鈴を必死で鳴らす)。ちなみに、山中で出会った人はわずか1人だった。
 山頂からの富士山の眺めはなかなかのものだったが、精神的な疲れもあってか、下山してから寒気がしてきた。帰宅して、そのまま倒れ込む。翌日から丸3日間、最高39・3度の熱を出して寝込むハメに。
 振り返ってみれば年末から体調が悪かったのだけれども、若いころは風邪をひいても10キロくらい走って血行を良くすることで治せていたので、そのノリで元旦から山に登ったという次第。しかし、もう若くないことを実感した。布団の中で1日20時間以上、ひたすら反省…の寝正月だった。(編集者M)

 ♪霞(かすみ)のすそを遠くひく、富士は日本一の山 =高川山から

タグ

バックナンバー

閉じる